札幌でリフォームするならアトリエテッラへ
アトリエテッラ ATELIER TERRA

MENU

アトリエテッラHOME >  お知らせ  > 【介護リフォーム補助金】

お知らせお知らせ

DATE:2018.02.22

【介護リフォーム補助金】

イオン店からのご案内です。

 

 

パシュート金メダルでしたね^m^

 

 

昨夜はお隣からも歓声が聞こえてきました

皆さんの応援がアツイです♪

 

先日に引き続き本日も介護リフォームの話題です

本日は介護リフォームの補助金についてです

 

年齢を重ねると思うように体が動かなくなる事も多くなると思います

「あれ?昔はこんなんじゃなかったのに」なんて事も増えてきます

私自身小学生と鬼ごっこなんてした日には

気持ちだけ先走って足が絡まって転びます(ーー;)

 

加齢による身体能力の低下

病気・怪我

いつ介護がい必要になるかはわかりません

 

【介護保険制度で介護リフォーム9割補助】

介護保険とは何か?実際に介護を必要としないとわからない事も多いと思いますが

介護施設を利用する他にもリフォームで活用する事も出来ます

 

 

介護保険を利用してサービスを受けるには

要支援1~2級

要介護1~5級

の介護認定を受ける必要があります

 

 

上記の介護認定を受けたかたは

在宅で生活し住宅改修を必要とされる場合

20万円までの介護改修を1割(一定の所得以上あるかたは2割)の

自己負担でリフォームすることが出来ます

 

介護改修の補助は原則1人1度までとなっていますが

要支援、要介護のランクが3段階以上上がった場合

転居をした場合は改めて補助制度を使う事ができますので

1度介護保険制度を使っているからと思っている方は

ご自身の要支援、要介護の等級を見てみてください

 

 

【介護保険が適応になるリフォームには条件がある】

 

1.手すりの取り付け
玄関、廊下、階段、トイレ、浴室、洗面所などの屋内に設置する手すりの他、出入り口から道路までの屋外手すりにも適用されます

 

2.段差の解消

引き戸レールや敷居の段差を撤去したり、玄関や浴室、出入り口などの段差をスロープや踏み台、床工事などにより解消する場合に適用されます

 

3.滑りの防止、移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更

車イスが利用しにくい畳床や、歩行時に滑りやすい床を、フローリングや固い床材などに変更する場合に適用されます

 

4.引き戸等への扉の取替え

介護を必要とする人が開けにくいとされる開き戸を、引き戸や折れ戸、アコーディオンカーテンなどに変更する場合に適用されます。また手首を傷めていたり、握力が低下している人でも操作しやすいドアノブや戸車の設置も含まれます

 

5.洋式便器等への便器の取替え

和式便器よりも介護しやすく、かつ介護されやすい洋式便器への交換や、便器の高さを変更する必要がある場合の洋式便器の取替えに適用されます

 

 

【着工前にしっかり手続きをしましょう】

介護保険制度を使い住宅改修をする場合、自治体ごとに必要書類は違いますが必ず

工事の申請・手続きが必要になります

 

さらに介護状況にに応じたリフォームであるかの審査もあり

工事内容が明確にわかる書類の添付が必要になります

 

まだ介護認定を受けていない方は

まずは介護認定を受けるて手続きからはじめてみてください

申請から1ヶ月ほどかかる事もありますので

事前に準備をすすめておきましょう

 

 

 

札幌でリフォームをするならアトリエテッラへ

 

アトリエテッラバリアフリー施工例はこちら

↓↓いいね!と思ったらクリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ
にほんブログ村




 << 前の記事
次の記事 >> 
LINEで送る

このページの最上部へ